住宅街の中の田んぼ

弊社の所在地は兵庫県尼崎市です。最寄り駅は阪急電車神戸線の武庫之荘駅。
普通列車しか停まらない小さな駅ですが、梅田駅まで20分もかからない便利のいい所です。
駅の南側も北側もバスターミナルになっていて、利用者は結構多いと思います。
昔は田んぼばかりの土地だったと聞きますが、今では住宅街。
その住宅街の中に未だ、貴重な田んぼがまだ残っています。
駅まで1分の所に田んぼがあるなんて、梅田~神戸間では珍しいと思います。
6月になって田んぼに水が入った途端、待ってましたとばかりに
日が暮れると蛙の大合唱が始まります。
週末には田植えがあったようで、選挙(尼崎市議会議員選)の帰り道に
田んぼのぞくとカルガモもやって来ていました。

田んぼのある風景は季節を感じられていいですね。

トマト缶の原産国は?

最近、スーパーでトマト缶が安く売っている。
トマト缶はトマトが出回らない季節には煮込み料理やスープに重宝するので、常にストックしている。

先日、テレビでトマトの生産国のことを取り上げていた。
なんとなくトマトの原産国はイタリアと思っていたけど
驚いたことに中国がダントツ1位。
2位はインド、3位はアメリカと続く。
ちなみに日本は27位。(2013年度)

そこで、家にストックしてあるトマト缶を
調べてみたら原産国はイタリア。
ご丁寧に地図まで載っている。
中国で採れたトマトはイタリアへ輸出し、
イタリアで加工したものを日本が輸入しているらしい。

梅干しの産地、和歌山県が日本では最も中国から梅を輸入していることは知っていたがトマトもそうなのか…

そうしないと、100円を切る価格での販売は無理なんでしょうね。

他にも産地に驚いたものがあった。
今、使っている片栗粉。
日の出の絵があって、いかにも日本産といった感じのパッケージなのに、 原産国は「フランス」と刻印してある。
うーん、パンの小麦粉ならわかるけど、片栗粉がねー。
意外性にびっくりです。

ニトリイオン尼崎店に行ってきた


2017年4月21日にイオン尼崎(兵庫県尼崎市)の2階に『ニトリイオン尼崎店』がオープンしました。
今までは「ニトリデコホーム」だったので、小物や収納用品しかなく
一度、収納ボックスを買いに行ったけど、品揃えの少なさにガッカリ。
これなら、向かいのホームズに最初から行けば良かったと後悔したことがある。

ちょうど、リビングの敷物を替えようと思っていたので、行ってみてびっくり。
今まで1階にあったところを拡張したのかと思っていたら、
2階のイオン店舗部分のほぼ半分が「ニトリ」になっていた。

ここのイオンは元はフランスのスーパー「カルフール」だった。
オープンした頃は店員がローラースケートで接客する
ということで話題にもなったが、横長に広い店内は買い物がしにくかった。
隣のコストコも床面積はもっと広いのに、コストコの方が買い物しやすく感じるほど。
スーパーは縦の階層で食料品や衣料品が別れていて
そんなに歩くことなく、必要な商品にたどり着くことができたけど、
カルフールの店舗では途中で買い忘れた物に気付いても戻る気がしない距離だった。
だから、わざわざ買いに行くこともなく、ここ数年、遠ざかっていた。

その半分がニトリになって、イオンでも買い物しやすくなった。
今まで、食料品、消耗品以外はどんな品揃えがあるのか、
よく分からなかったけど、
住居関連や雑貨は「ニトリ」にとすみ分けされて
必要なモノが探しやすくなったように思えた。

ただ、エスカレーターが長いのはどうにもならないみたい。
小さなお子さんがいらっしゃる人にとってはベビーカーも
乗れるので便利でしょうが・・・
もっと階段を増やしてくれたら、いいな。