座ったままで肩こり解消

仕事がらパソコンに向かっている時間が長い。
だから、どうしても肩が凝ります。
肩こりがひどくなると頭痛に。
そのため、週一度は運動をするように心掛けています。

でも、その日の凝りはその日のうちに解消したい。
座ったままでも簡単にできる体操はないかと思い
探してみるとたくさんありました。

「甲骨はがし」って言うんですね。

その中でもおすすめがこれです。

座ったまま出来る☆肩甲骨はがし☆簡単!3分肩こり解消

片側をやりおえると本当に左右の柔らかさが違い
じわっときます。

リフトアップまではわかりませんでしたが(笑)
効果があれば、一石二鳥。

肩が凝ったな~と感じたら、ぜひ、どうぞ。

28年度最後の駅伝

私の息子2人は、クラブで陸上をしています。
長男は短距離、次男は長距離の種目です。

長男の短距離は、春~秋がシーズン、冬の間は練習のみになります。
次男の長距離は、1年通しでシーズンで、春~秋は長距離走、冬は駅伝になります。
なので長距離は1年休む暇はありません。

その長距離、明石で28年度最後の駅伝が2月18日(土)にありました。
参加チームはなんと92チーム!
全国大会等に出場した強豪チームも参加していました。
1区~6区まで92人が走るわけですから、観る方も大変です。
色々なユニフォームがある中、我が校のユニフォームを瞬時に
見つけ出さないといけません。
たまにユニフォームの色が似ていて、まったく違う子をビデオで
撮っていたりしますから…。

コースは、競技場から明石城周辺を走り、各区間距離が違います。
我が校は長距離選手が1.2年合わせて4人しかいないので、他種目から
2人参加してもらっています。
他校も少ない場合は他種目や、陸上部を越え野球部やサッカー部など、
他のクラブから参加してもらったりしています。

92チーム中、やはり強豪チームが上位を占めました。
各区間で区間賞もあるのですが、我が校も3区間のみ入賞しました。
それが本職としている長距離メンバーではなく、短距離メンバーがとるという…
なんともいえない気持ちですが、我が校が県で区間賞をとれたのは初めてなので、
陸上部としてはあっぱれ!です。

中学生活最後の県駅伝。
色々な意味で勉強・参考になったと思います。

バラの花の紅茶

娘がバラの花の紅茶を淹れてくれました。
テレビで見たからやってみたくなったそうです。
今、(2017年3月)NHKで放送しているドラマ「スリル」で、小松菜奈さんが演じる中野瞳が職場のティータイムのためにこの紅茶を淹れる場面から。
作り方は簡単。
1.リンゴを薄くカットする(皮はむかない)
2.そのまま薄く広げて電子レンジでチン
3.カップの中心から外側へつぼみのように層を重ねる
4.そこに紅茶を注ぐ
すると、ふわっと花びらが開くようになります。

アップルの香りが漂い、ゆったりとしたティータイムになります。

ドラマではこのティーセットをワゴンに入れて運ぶ途中に、エレベーターから降りてきた刑事役の小出恵介と衝突し、無残なことに。
ドラマでは紅茶をいただくシーンはなかっただけに、いただくことに幸せを感じました。

写真は花びらが開ききってしまったところを撮ったので、残念です。