ディック・ブルーナのデザイン展「シンプルの正体」に行ってきました

伊丹市立美術館で開催中の「シンプルの正体」を観に行ってきました。
うさこちゃんの絵本シリーズ「ミッフィー」の作家ディック・ブルーナ氏のデザイン展です。
小さい頃からミッフィーが大好きだったので、ぜひ、観に行きたいと思っていました。

ディック・ブルーナ氏のことは絵本作家としてしか知らなかったけど、
今回、「シンプルの正体」で、絵本作家である前にすばらしいデザイナーであること、
シンプルなデザインの数々に触れて感激しました。

ブルーナ社のペーパーバックの表紙がたくさん展示されていて、私もこの表紙に惹かれてペーパーバックを読んでみたいとわくわくさせられました。中でもミステリアスな推理小説のシリーズの片隅にあるシンボルの「くま」に魅せられ、絵はがきがほしいと思ってショップに立ち寄りましたが、もう売り切れたのでしょうか、1枚も無くて残念。

それから、展示会のポスターにもなっているこのブラック・ベア、シンボルのくまに手を加えた「Zwarte Beertjes」キャラクターだそうですが、読書のし過ぎで目が赤くなっていて、とてもチャーミング。
このブラック・ベアの絵本は 未完のままだそうですが、ストーリーはブラック・ベア自身が亡くなったことの回想絵本で、展示してあるイラストと本文を見て、ディック・ブルーナ氏が亡くなられた今、未完のままであることに意義があるように思えました。

いつも美術展に行ったら、絵はがきを買うのですが、今回は私にしては珍しく、「シンプルの正体」の展示会の図録を購入しました。図録の大きさが絵はがきサイズなので、いつでも手元において、また、ディック・ブルーナの世界に入りたいと思います。

「シンプルの明日」というコーナーではディック・ブルーナ氏に影響を受けたクリエーターの展示もあって、こちらもステキでした。

このコーナーは写真撮影がOKだったので、ちょっとご紹介。

それから、ディック・ブルーナが影響を受けた画家などの展覧会「コレクションにみる色・線・形」が同時開催されていて、明快な色・線・形の表現を特徴とする作品が100点ほどあり、これがすべて伊丹市立美術館の所蔵品からだということに驚きました!
伊丹市立美術館ってすごいです!

足裏にやけど?!

7月15・16日と尼崎ベイコム陸上競技場にて、阪神中学総合体育大会が行われました。阪神間の中学陸上部が学校単位で優勝、個人で県大会を目指し競技します。
次男は800mと1500mに出場しました。

まず15日は800m。
予選を走ったあとの次男を見ていると、なんだか足をびっこひいているような感じ。
うわー、故障したのか?!と不安に。

心配なのでテントまで行ってみるとーやはりびっこをひいている!
何が起こったのか聞くと、片方足裏がやけどしたとのこと。
「やけど?!どうやって?!」と思いながら、
次のレースもあるのでとりあえず冷やすようにと氷を渡しました。

そして次男帰宅後に状態を聞くと、長距離走者にはよくある事らしいと。顧問もバケツに氷水をはり、バンドエイドも貼り、応急処置をしてくださっていました。
それと顧問に「足裏が柔らかい」と。
そういう事も関係するんでしょうね。

長距離走者あれこれを知らない私は、早速スマホで検索。
やはり長距離走者にはよくある事らしいです。

やけどからマメになるそうなのですが、繰り返しの摩擦による低温やけどの一種だそうです。
原因として、
〇ランニングシューズが合っていない
〇ランニングシューズの中がムレている
〇シューズソックスのシワ
シワが寄ったまま運動をしてしまうと、シワの接触している部分が余計に圧迫されるそうです。
〇靴紐の締め具合
締めすぎると摩擦がおきやすく、緩すぎると足のズレが
多くなることによって摩擦が増えるそうです。
〇ランニングフォーム
長時間つま先から着地していたり、片方の足に負荷が強くかかっているなど、特定の部分に過度の負荷がかかると摩擦が増えるそうです。

上記の事に気を付けながら、その上に予防もすれば良いみたいです。
〇ワセリンを塗る
摩擦がおこる部分にワセリンを塗っておくとやけどになりにくくなるようです。
〇テーピング

中学生でもあなどれないなぁと思いました。
こういった事が起こるんですね。
やけどが起こるなんて全く予想だにしなかった事なので、
私も勉強になりました。
早速、これからの練習や大会前に予防をしながら、原因に気を付けていこうと思います。

久々の三宮ランチ

5月末に長男高校最後の陸上試合が、神戸綜合運動公園のユニバー記念競技場でありました。
長男出番は日中なので、その前に久々三宮でランチをしました。

以前から行きたかったカフェへ!
始めて行くので、地図を見ながらキョロキョロ。
場所はJR三宮駅北側にあるとのこと。
JR三宮駅北側は、高いビルが立ち並び、お店もたくさんあるので
迷いそうになる場所ですが、そんな中にたくさんの木が茂ったお店があるとー

あった!

周りがビルの中に突如現れる木々が目印だそうです。外観は森!
こちらは「グリーンハウス シルバ」さんという
オアシスカフェです。
木々の中を歩いていくとー


まず、グリーンハウス シルバ の看板犬「虎吉」がお出迎え!
今日は気持ち良く寝ていました…

そして奥に行くと、カフェが出てきます。
三宮の喧騒を忘れさせてくれる、とってもおしゃれなカフェです。
ソファ席やオープンテラスなどなどいろんな席があり、
各席はゆったりとできる間隔があいているので、ゆっくりと食事やおしゃべりが楽しめます。

こちらは2階にあるテラス席からの眺めです。
ビル街にいるなんて思えないような造りです。
2階からも虎吉が見えますよ。

あまりの気持ち良さに、ランチの写真を撮り忘れました…

お店の中も騒がしくなく、とてもゆっくり・ゆったりと
できました。

さて、帰りは虎吉起きてるかな~

まだ寝てる!
気持ち良いんでしょうね。

ぜひ、皆さんも行ってみてください。
その時は、虎吉が起きていたらいいですね。