ウイズダムマネジメントが講師を担当する社員研修

2017年2月9日更新

製造部門 入社2年目社員研修

大阪府工業協会主催の製造部門入社2年目社員研修の
講師をウイズダムマネジメントがいたします。

この春、社会人2年目を迎える方の自立と自覚を促すセミナーです。

入社してまもなく1年が過ぎようとしています。
職場の雰囲気や仕事にも慣れてくる一方で
しだいに緊張感も薄れてモチベーションが下がりがちになる時期でもあります。
このタイミングで一度初心に立ち返り仕事に取り組む姿勢や組織における自分の役割と責任、
さらには将来に向けての目標といったものを見直す必要があります。
そこでこの研修は、入社2年目を迎えるの方を対象に、とくに製造現場に従事する方のために求められているステップアップのためのプログラムを編成してあります。

現場を支える一員としての自らの考え方と行動をするためのポイント
モノづくりに必要な品質、コストに対する問題意識の持ち方、
日常業務に潜むムダや問題点を見つける目の付けどころ
など、すぐに実践に役立つテーマを組み入れたセミナーです。

研修プログラム
1.ビジョンと目標が将来の自分を形づくる
2.役割と責任を果たして信頼を得る
3.プランを立て、確実に実行
4.品質の維持
5.コストダウンに貢献できる現場マン
6.つねに問題意識を持って仕事に取り組む
7.集団を生き生きさせる

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.wisdom-mng.co.jp/semi2nenme.html


2016年8月26日更新

製造現場 入社6ヶ月後のフォローアップ研修

IMG_160826
大阪府工業協会主催の製造現場社員 入社6ヶ月後のフォローアップ研修の
講師をウイズダムマネジメントがいたします。

製造現場で働く人にとって、仕事の基本原則を怠らないことが
事故を起こさず、よい製品づくりをする第一歩です。

新入社員の職場に馴染んできたこの時期に、
もう一度基本に立ち返ることが大切です。
製造現場でのモノの見方、考え方を再確認し、
成長していくための土台をしっかり持っていただきたいと思います。

研修では
・製造現場の目標を理解しているか
・モノづくりは『5S活動』がベース
・モノづくりの強みは『ムダ取り』にある
・品質の評価はお客様が決める
・『設備保全』で現場は生まれ変わる
・製造現場の社員の心構えと自己革新

と製造現場の基本的考え方をじっくり学んでいただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.wisdom-mng.co.jp/semitessoku.htm


2016年1月22日更新

経営マネジメントビジネススクール(大阪)

IMG_160122
大阪府工業協会主催の「経営マネジメントビジネススクール」
2016年度もウイズダムマネジメントから講師を派遣しています。
(担当:生産マネジメント)

次代を担う経営幹部を育成するために4つの視点からマネジメントに必要な知識を学ぶセミナーです。

  1. ヒト・組織のマネジメント
  2. 会計・財務のマネジメント
  3. オペレーションのマネジメント
  4. 戦略・思考のマネジメント

このマネジメントスクールの特徴は
スクール形式ではなく、受講者同士の対話が中心
適宜振り返りの機会を設け、フィールドバックしながらスキルを身につけます

経営マネジメントとは
戦略を考え、実行することで、成果を挙げること

パンフレットはこちら>>


2016年1月12日更新

製造部門 入社2年目研修

20160316

大阪府工業協会が主催する
入社2年目を迎える社員のフォローアップ研修を
今年もウイズダムマネジメントが講師を担当します。
毎年、好評のセミナーです。

2年目を迎えようとする社員、職場にも仕事にも慣れ、モチベーションが下がりやすくなる時期です。
これから、仕事を任されて独り立ち、現場のリーダーとなって働くことが期待されています。
このような大切な時期に、職場での役割・責任を再確認し、
広い目を持って職場を見ることができるように
「やる気」を喚起させるセミナーです。

開催日:2016年3月16日(水)10:00~16:00
会 場:大阪府工業協会研修室(大阪市本町)

ウイズダムマネジメントが講師を担当する社員研修(2015年度)

製造現場第一線のリーダーとしての自覚を促し、必要なスキルを磨く研修です。
毎年好評を得ている大阪府工業協会主催のセミナーです。

課長・係長コース 2015年7月16日

管理者の統率課長・係力が強い「組織」を創りあげる!
製造現場第一線を率いる管理者にとって重要な仕事は、突き詰めれば「人づくり」と「仕組みづくり」に集約されます。生産性向上やコスドダウンのための職場改善は永遠の課題ですが、それを課長や係長だけで行うのは難しく、現場の作業者を動かし、職場全体を巻き込んだ活動をいかに実践するかが鍵となります。そこでこの研修では(株)デンソーで工場長として多くの製造課長・係長を育ててきた講師が、職場改善の原則と具体的やり方、継続の仕組みづくりを解説・指導いたします。

職長・班長・組長コース 2015年7月23日

監督者の指導力が強い「現場」を育てあげる!
いま製造現場のリーダーには、現場作業者のやる気をうながし、チームの活性化をはかる役割が強く求められています。そのためにはまずコミュニケーション能力を磨く必要があり、「自己理解と他者理解(上司・部下)」による良好な信頼関係の構築に努めなければなりません。そこで本研修では、製造第一線の現場リーダー(職長・班長・組長)の方々を対象に、コミュニケーション能力の錬磨とリーダーシップの発揮によるチームの活性化と部下指導のやり方を徹底指導いたします。
職長・班長・組長コースを弊社の講師が担当しています。


詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください

入社2年目社員研修 2015年3月11日開催

昨年の春、入社された新入社員もすっかり仕事にも社会人生活にも慣れ、少しずつ責任のある仕事を任される頃ではないでしょうか。
逆に入社した頃のモチベーションが下がり始めてはいないでしょうか。
これから責任ある仕事を任せ、バリバリと働くことが周囲から期待されています。
この大切な時期に、職場での役割と責任、製造現場の基本を、もう一度、再確認し、次へステップアップされることをオススメいたします。
人材不足の中、いかに社員を育てていくかが企業の成長につながります。
弊社の講師が担当し、毎回好評を得ている大阪府工業協会主催のセミナーです。

詳しくはこちらをご覧ください。
20150311