湯種パンのレシピ

湯だねパン
もっちりしっとりしたパンを作りたくて試行錯誤中。
簡単で材料にこだわらず作りたい。
美味しく出来るようになったら、おから粉入りにも挑戦したい。

こねるのはホームベーカリーに任せて
冷蔵庫で一晩寝かせて
朝、フライパンで焼いています。
材料レシピメモ上げ。

<作り方>
まず、湯種つくり。
湯種の材料をホームベーカリーに入れてこねる。
1分ほどこねたら、止めて
イースト菌以外のパンの材料をすべて入れて
ピザ生地モード(発酵させたくないので)でスタート。
良く混ざったらイースト菌を入れる。
動きが止まったら(発酵モードになったら)生地を取り出し、タッパーかビニール袋など密閉できる容器に入れて冷蔵庫の野菜室で一晩寝かせる。

翌朝、テフロン加工のフライパンにいれ、空気を抜きそのまま加熱して焼く。
生地の表面が硬くなってきたら(もうこれ以上膨らまない)表裏をひっくり返して両面焼く。

<材料>

◆湯種
強力粉 50g
熱湯  75g

◆パン生地
強力粉 100g
薄力粉 100g
菜種油 20g
塩  小さじ1/2
砂糖 大さじ1
イースト菌 3g
水  120g

好みで生地を入れる前のフライパンの底に砕いた胡桃やゴマ、オートミールなどを敷くと香ばしくなる。
レーズンなどの甘みのあるフルーツは焦げやすいので生地の間に入れる。

手作りおはぎ

  • image160103お正月3日に娘が「おはぎ」を作ってくれました。作り方はとても簡単。
    圧力鍋があれば、あんこも簡単に作れます。
    小豆は他の豆と違って一晩水に浸す必要も無いので
    思い立ったらすぐ作れます。

    <材料>
    小豆 1カップ
    水  3カップ
    砂糖 1カップ(お好みで加減する)
    塩  少々

    餅米 2カップ
    水  2カップ
    塩  少々
    きな粉
    砂糖

    <作り方>

    1. 餅米を洗って分量の水に浸水し、塩を入れて炊く(水量は炊飯器によって異なる)
    2. 小豆は洗って、圧力鍋に入れ、水も入れて、中火にかける
    3. オモシが揺れたら火を弱め、20分煮る(圧力鍋によって時間が異なる)
    4. 圧力鍋の圧力が抜けたら、砂糖を入れて餡を練る。仕上げに塩を入れる
    5. 餅ごはんを10等分にして握る(ラップを使うときれいにできる)
    6. ラップの上に餡を1/10置き、その上にラップをもう1枚重ね、麺棒で平にするときれいに広がる
    7. 上のラップをのぞいて、握った餅ごはんをのせて包む
    8. お好みで砂糖きな粉をまぶす

フライパンでチーズケーキ

image151223

フライパンで簡単にチーズケーキを焼いたのでそのレシピを紹介。
最近、バターをはじめ、乳製品などの小売り量が減りましたよね。
変わらないのは牛乳ぐらいかな~
クリームチーズのも1箱の量が減ったので材料を計量し直しました。

<材料>
クリームチーズ 1箱(200g)
生クリーム 1カップ
上白糖 80g
卵(Mサイズ)2個
レモンの絞り汁 大さじ1
薄力粉 大さじ3

◇タルト台
薄力粉 120g
バター 60g
上白糖 40g
卵黄 1個

<作り方>
■クリームチーズ、生地に入れる卵は室温に戻しておく
■タルト台をつくる
1.タルト台用のバター、卵黄を用意して冷蔵庫でギリギリまで冷やしておく
2.フードプロセッサーに冷やしておいたバターと砂糖、薄力粉を入れて撹拌する。
3.冷やしておいた卵黄を加えて再び撹拌する。混ざったらすぐ止める。練らないように注意。
4.生地をフライパンの底に敷く、まわりは少しL字にして淵を少しつくる。
5.フォークを刺して空気穴を数カ所つくり、涼しいところ(夏は冷蔵庫)に置いておく。

■クリーム生地を作る
6.先ほどのフードプロセッサにクリームチーズ、上白糖、卵を入れて撹拌する。
7.生クリームを入れさらに撹拌する。
8.ふるった薄力粉を入れて撹拌する。
9.最後にレモン汁を入れて撹拌する。
10.タルト台に流し入れる。
■電磁調理器を使って焼く
200℃になってから10分
180℃にして5分焼く。
電磁調理器から下ろして、あら熱が取れてからフライパンから取り出す。